扇子専門。上品で趣のある京扇子をお届け、記念品贈り物にも。

京扇子 さくら

京扇子 さくら

とても日本的といわれるさくらの絵柄です。

とても日本的といわれるさくらの絵柄です。
さくらはとても日本的な花で、和の象徴のようです。
このさくらの花は小さくてあざやかですが、扇骨は黒塗りで落ち着いており、上品に仕上がっています。
裏にも絵が描かれており、凝った意匠です。
扇骨の数が少ないタイプです。

手描きです。

じっくりと見とおくれやす~

横にスライドして、じっくりと見とおくれやす~ 扇子の正面 正面からみたところです。
順番に見ていってください。

しまっている状態です しまった状態 親骨(端の太い骨)を内側に曲げています。
ピチッと閉まりやすくなり、形も上品です。

半分開いてみます 半分開く 横に広げるのではなく、前後に開いてください。
昔ながらの紙扇子です。

開きました 開く 末広がりの形なので、縁起がいいといわれます。
お祝い事などにもよくお使いいただいております。

次に裏返してみます 裏 両面貼りです。
裏からも上側の骨が見えません。 裏にも柄が入っています。

斜めにしてみます 斜め 扇いでいるとさくらの花が咲きほこるような感じです。

裏側も斜めにしてみます 裏斜め 心地よい風がくることでしょう。

柄をアップにしてみます アップ 一本一本ていねいに、丹精を込めて手描きしております。
さくらの花を色鮮やかにしっかりと描いています。

要(かなめ)付近です 要 しっかりと束ねています。
肝心(腎)要の「要」で、とても重要な部分です。

親骨付近です 親骨 付け(扇骨を扇面に入れる)も確実にしています。
折りもきっちりしています。

扇骨の方から見てみます 下から しっかりとしたつくりです。
「いいものを持っている」と実感してもらっています。

長い歴史の中で育まれてきた美意識のDNA が息づく京都。
職人たちが自信と誇りを持って、一本一本手づくりしています。

職人 京都及び京都近郊の材料を使い、京都で仕立てています。

京扇子 さくら

包装する時の箱

箱
左から
・簡易箱(標準/無料)
・化粧箱(オプション/110円)
・桐 箱 (オプション/880円)
◇包装例

のし紙は注文の途中でご入力ください。

京扇子 さくら

生産地及び材質
 日本製
 仕立て:京都
 扇 面:京都/和紙
 扇 骨:京都及び京都近郊/竹
寸法
長 さ : 6寸5分(約19.5cm)
開いた時の横幅:約33cm
扇 骨 : 18枚

包装する時の箱

箱 箱の種類をお選びください/左から
・簡易箱(標準/無料)
・化粧箱(オプション/110円)
・桐 箱 (オプション/880円)
◇包装例
のし紙は注文の途中でご入力ください。

maikosan
「おおきに」

「華やかな扇子どすやろ~」
「よろしゅうおたの申します」

矢印